GmapAir Logo

ホームサンプル画面インストールご購入方法FAQサポート


Q1.     GmapAirがインストールできません
Q2.     購入前にGmapAirがGPSにどのように表示されるか確かめたい
Q3.     GmapAirはどのようなユーザが利用するものですか?
Q4.     マップの更新は行われますか?
Q5.     更新時の料金はいくらかかりますか?
Q6.     空域マップがベースマップの表示と混ざりあって見にくい
Q7.     GPSの夜間表示機能には対応していますか?

 

Q1

GPSがPCと接続され、GPSの電源が入っていることを確認してください。GPSが正しく接続されていれば、インストールダイアログのGPS Statusに機種名とUnit IDが表示されます。これが表示されない場合、次の項目を確認してください。

インストールダイアログのGPS Statusに機種名とUnit IDが表示されている場合には、次の項目を確認してください。

 

Q2

ご購入前にサンプルマップをダウンロードして、インストールすることができます。(キーコード=12345678)
お持ちのGPSにGmapAirがインストールできるかどうかや、空域がどのように表示されるかを確かめることができます。

サンプルマップの空域図は、実際の座標からずれて表示されます。実際のナビゲーションには使用しないでください。

サンプルマップをダウンロードする

 

Q3

主に、VFRで飛行する航空機を対象に、安価なアウトドア用GPSを航空用として利用するために製作しています。また、その他の航空スポーツなどで、計器を装備しにくいフライヤーが空域を把握して安全に飛行する目的でも利用できます。

ただし、飛行に際してGPSや電子デバイスのみを頼るのは非常に危険です。必要な航空情報は必ず正しいルートから入手し、GPSやGmapAirは、あくまで飛行の援助目的でご利用ください。

FAA(米国連邦航空局)はVFRでの飛行に際して、機外の物件視認に対する機内のGPS等による情報収集時間を、全体の2割以下にするように勧告しています(つまり全体の8割以上の時間は「外を見る」こと)。
空、雲、山をよく見て、「風を聴く」に勝る安全はありません。

 

Q4

GmapAirのデータは、AIP JAPANに掲載されているWGS84座標を使用して作成されています。年1回程度の更新を計画していますが、これは、お客様にマップの更新をお約束するものではありません。

GmapAirの更新を行った場合は、購入から1年以内は無料でアップグレードいたします。
更新やアップグレードに関しては、随時、このホームページに掲載いたします。また、無料アップグレード対象ユーザのみなさまには、メールをお送りいたします。

 

Q5

GmapAirの更新を行った場合は、購入から1年以内は無料でアップグレードいたします。
アップグレード料金などは設定しませんので、無料アップグレードの期限(購入から1年)以降は、再度ご購入いただく必要があります。

これは、アップグレードにともなうユーザ管理を簡略化し、コストを削減することによって、できるだけ安価でGmapAirをお使いいただくための方針です。ご理解いただきますよう、よろしくお願いいたします。

 

Q6

ロードナビやアウトドアスポーツ用に開発されたマップは、ズームアウトして航空用に適した範囲を表示すると、情報量が多すぎて見にくくなります。GmapAirの利用時は、道路マップなどは非表示にして、マップの設定もDetail(詳細度)をLeast(最低)に設定し、Turn Declutter(簡潔表示)の設定がある機種では、これをオンにすることをお勧めします。

 

Q7

はい。一部のNighttime Color Scheme(夜間配色設定)機能がある機種では、夜間にはマップの輝度を落として表示します。

 

その他、ご質問や改善提案などがありましたら、お気軽にお問い合わせください。

Copyright © 2012 GmapAir All Rights Reserved.
プライバシーポリシー特定商取引に関する法律に基づく表記
Valid XHTML 1.0 Transitional